世界的な認定機関のSSIダイビングでライセンスを取得しよう

世界的なスキューバダイビングライセンス認定機関として知られているのが、SSIダイビングです。このSSIダイビングの特徴やライセンスの種類などについてしっかりと把握しておくと良いでしょう。
そもそもSSIダイビングとは、日本国内や海外で通用するダイビングライセンスを発行する指導団体にあたります。認定基準の高さは他の団体と比べると遥かに高く、指導の品質が高いことで非常に評判を集めています。世界各地に2400店以上の加盟店があり、110ヶ国以上の地域でダイビングをすることができるライセンスの発行がなされています。

国内においてもCカード協議会に参加していて、ISO取得したカリキュラムは非常に高品質なのが特徴です。SSIではダイビングのライセンス、インストラクターなどについて、経験を非常に重視する傾向にあります。それ以外にもインストラクターとしての活動は、加盟店に所属する必要があります。他の団体のインストラクターを見た場合には、本業の片手間に指導をしていることが一般的です。個人でのインストラクター活動ができるので、指導の質を監督する人がいないのが実情です。

しかしSSIダイビングの場合には、インストラクターが必ずショップに所属しているのです。このようなことから監督する人から見て講習内容や品質が基準に達していないことが分かれば、そのインストラクターは指導を受けなければなりません。このような制度が整っていることから、SSIダイビングのインストラクターは、非常に品質が高いことがわかります。

SSIではダイビングは経験を積む事にそれが習慣となり、快適さが増していくという考え方を持ち合わせています。このようなことからライセンスを発行するにあたっても、経験が非常に重要視されているのです。SSIで取得できるライセンスには全部で五つのものがあり、水深18メートルまで潜ることができる標準的なものから、最高ランクのものまであります。

他の指導団体と同じアドバンスの資格を見たとしても、SSIの場合には24回以上もダイビングを行わなければなりません。その一方で9回のダイビングで資格が取得できるところもあるのです。

資格取得に時間がかかるということはデメリットに感じる人も多いかもしれませんが、同じ資格でもSSIのライセンスの方が質が高いとわかっているため、ダイビングの世界においてはグレードが高いと認識されます。知識やスキル等店経験など全ての分野において、グレードの高いライセンスを取得することができる点は、一番大きなメリットと言えます。

以下のダイビングショップは沖縄でとても人気のダイビングショップでSSI加盟店になります。

沖縄ダイビングライセンスはCカードのワールドダイビング

沖縄の一人旅や少人数がメインのプライベートショップ。ダイビングライセンス取得。安心の新型コロナ対策店。女性インストラクター在籍。青の洞窟・ジンベエザメ・エモンズなどへファンダイビング。