ダイビング指導団体(教育機関)徹底検証

海の中に入り普段は見る事ができない海中に存在する物を目にする一時は非日常感が味わえる様子から高い人気があり、長年にわたって楽しみ続けている方と共に新たに興じる方も大勢居ます。
そのようなダイビングを楽しむ時に大切な要素として挙げられるのがCカードと呼ばれる事もあるダイビングライセンスを手に入れる事で、ダイビングライセンスはダイビングに興じる上で求められる知識と共に、スキルに関しても得ている事を示すカードです。

ダイビングライセンスを手に入れる時にお世話になるのがダイビング指導団体であり、ダイビングに興じる上で得ておくべき知識と共にスキルに至るまで纏めて希望者に展開しています。
そして、ダイビングライセンスに関して理解を深める時に合わせて理解を深めておくと良いのが、ライセンスと呼ばれているものの自動車運転免許のようにダイビングを行う上で必須なものではない点です。

そのため、ダイビングライセンスを有していなくてもダイビングを行う事は可能であるものの、ライセンスを有している事は自身はもとより他社がスキルと技術の有無を判断する上でとても大切な要素になっています。
ダイビング指導団体に在籍しライセンスの取得に関してサポートをしている方々や提供する情報を集めて纏める方々は、言わずもがなダイビングに関して精通している方々なのできっちりと仕上げられていて、興味関心を持ち始めて間もない初心者であっても幅広い範囲をじっくりと学んでいく上で頼もしいです。

しかも、ダイビング指導団体が纏めて展開している情報の中には水の中に身を置いている人間に生じる事や、ダイビングをする時に欠かせない機材の特徴やセッティングに至るまでありますし、ダイビングを興じる際の計画作りに関するまであります。

こうしたダイビング指導団体は複数が存在している特性上個々の利用しやすい所が選定しやすいのも魅力的であり、各々で有している特徴が大きく異なるため選ぶ楽しみもあります。
多種多様な選択肢がある中で突出して認知度が高かったり登録済みのショップやプロバイダーが多いダイビング指導団体を選びたいのなら、アメリカのカリフォルニアに本部があって1966年から展開されている団体を選びましょう。

また、規模が大きな組織であるが故にこれからダイビングを始める初心者に適しているのはもちろん、長い目で見て楽しみ続ける趣味にしたりプロを目指している方々にも対応しています。

国内・海外ともに有名な指導団体(教育機関)にはSDI(エスディーアイ)、NAUI(ナウイ)、SSI(エスエスアイ)、BSAC(ビーエスアーシー)、PADI(パディ)、CMAS(クマス)などがあります。現在、日本だけでも30以上のダイビング指導団体(教育機関)があります。国内では、ここ数年、SNSI(エスエヌエスアイ)の人気も上がっています。

SDIは現在ダイバー認定数の伸び率が世界でトップの指導団体です。世界中から最も注目され、とても人気が高い指導団体です。日本国内でも驚異的に認定数を伸ばしています。

オープンウォーターの講習ではダイブコンピューターが必須なので、安心して受講できます。
オンラインのEラーニングにも力を入れていて国内はとても安価に利用できるので、ご旅行の自由時間が増えます。

SDIはライセンス発行において経験を重視しており、経験を積み続けることでダイビングは習慣となり、快適さの増加へ繋がっていくと考えられ、ライセンスの一つである「アドバンス」は他の指導団体は9回のダイビングで取得可能なのに対し、SDIは25回以上の経験が必要となります。このようにSDIのブランドは他の団体よりもグレードが高いと認識されています。

以下のダイビングショップは沖縄の恩納村でSDIダイビングライセンスを取得するのにおすすめのダイビングショップです。

恩納村ダイビングショップ – 沖縄恩納村のワールドダイビング

恩納村ダイビングショップ。安心の新型コロナ対策店。一人旅や少人数のプライベートショップ。女性スタッフ。体験ダイビング、ダイビングライセンス、ファンダイビングをしています。